ホーム > スペシャルコンテンツ > ファッションキャンディ物語 > Chapter 2 ファッションキャンディ設立

ファッションキャンディ物語

Chapter 2 ファッションキャンディ設立

夢をたっぷりつめこんだ自社製品で、業績を延ばし、着実に経営基盤を固め、1989年、その地位を決定付ける大きな転機が訪れました。それは、チョコレートの製造でした。

沖縄特産のパイナップルやマンゴーなど、トロピカルフルーツをイメージさせる、色彩豊かな沖縄にちなんだ、リゾート感溢れるトロピカルチョコレートを次々と商品化しました。

〈当時を振り返って〉
小さな頃から、沖縄には身近なところに「アメリカ」があって、色とりどりの輸入チョコレートにずっと憧れをもっていたんです。そんな時「沖縄にもチョコレートのお土産があれば」という、お客様からの要望もあり、アメリカともヨーロッパとも、本土とも違う、沖縄が持つ光や風、自然や文化の豊かさを取り入れた独自のチョコレートを作りたいと、チョコレートをこよなく愛する一人として、その製造に踏み切りました。

Chapter 3 琉球エレガンスへの想い >

  • Chapter 1 創業のきっかけはキャンディレイ
  • Chapter 2 ファッションキャンディ設立
  • Chapter 3 琉球エレガンスへの想い
  • Chapter 4 商品づくりへのこだわり
  • Chapter 5 ファッションキャンディの未来

このページのトップへ戻る